*

梅雨時の湿気対策とは? 身近な物で湿気対策ができる!

公開日: : 梅雨

梅雨の季節で気になるのが湿気ですが、除湿機などを使わずに身近にある物で湿気対策ができるのです。

image
身近な物で湿気対策をする方法は私のおばあちゃんに教えてもらった昔ながらの素晴らしい方法なので紹介したいと思います。

湿気対策できる身近な物とは?

image
湿気対策できる物はいっぱいありますが、その中でも手軽に身近な物で湿気を吸いとってくれる物とは新聞紙です。

新聞紙は吸水性があるので梅雨の季節の湿気とりに効果的です。

新聞紙の活用方法としてはいくつかあるので紹介していきます。

押し入れの湿気とりに!

image
丸めた新聞紙を押し入れに入れるだけで押し入れの湿気をとってくれるのでおすすめです。

さらに、新聞紙は場所をとらないので押し入れの隙間があまりない場合でも使用できるのが便利なポイントです。

ガラスの結露とりに!

image
梅雨の時期は朝起きたら結露が窓にできてしまっている日が多くなります。

そんな時にはまたもや新聞紙が役に立ちます。

朝起きたら結露ができないようにするためには寝る前に新聞紙を窓にはっておくと結露ができにくくなります。

なぜなら新聞紙が水分を吸収するので結露が多い梅雨の期間は窓に新聞紙はおすすめです。

靴の湿気とりに!

image
靴が湿ってしまった時にも新聞紙が役に立ちます。

靴が湿っている場合には靴の中に丸めた新聞紙を詰め込んでおくだけで靴の湿気をとってくれてさらに匂いまでとってくれるので靴の湿気とりや匂いとりには新聞紙が抜群に良いのでおすすめです。









関連記事

記事はありませんでした

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

 
follow us in feedly
  • はじめまして。当ブログ管理人のtakuyaと申します。色々な場所に行くことが大好きな33歳です。

    詳しいプロフィール

PAGE TOP ↑