*

アシナガバチに刺されたらどうすればいいのか?意外と知らない正しい処置の方法とは!

公開日: : 最終更新日:2016/06/20 アシナガバチ

気温が暖かくなってくると家の軒下や庭やベランダで飛んでいる姿をよく見かけることが多くなるアシナガバチですが、知らないで巣に近づくと敵だと思われ刺されて
しまいます。

実際に私もベランダで洗濯物を取り入れている時に刺された経験があります。(T_T)

image


そんなアシナガバチに刺された場合の正しい処置方法を紹介したいと思います。


アシナガバチに刺された場合!

image


アシナガバチに刺された場合にはまず、すぐ近くに巣がある可能性が高いのですぐにその場を離れてから刺された箇所の処置をすること大事です。


なぜアシナガバチに刺された場合にはすぐにその場を離れる必要があるのかというと、


アシナガバチは巣に近づいたり触ったりしなければ刺されることはあまりないのですが、


巣に近づいたり触ったりすると敵だと思って仲間も襲ってくる可能性もあるので刺された場所から離れる必要があるのです。


そして、アシナガバチに刺され場所から離れてからはすぐに毒を吸い出すことが必要で毒を吸い出す器具があれば毒を吸い出して、器具がなければ強くつまんで毒を絞り出して水道水などで傷口をよく洗います。


image


その後は傷口を冷やして様子をみて痛みや傷口がひどくなってきた場合には病院に行きましょう。


そして、よく蜂に刺された場合にはおしっこをかければ良いという噂をよく聞きますが、


蜂の毒は、ほぼたんぱく質なので蜂に刺された箇所にアンモニアのおしっこをかけても効果はありません。



アレルギー反応が怖い!?

image




そして、蜂に刺されて一番怖いのが
アナフィラキーショック です。


アナフィラキーショックとは蜂の毒などが原因で起こる急性アレルギー反応で、


アナフィラキーショックの症状としては意識障害や呼吸困難や血圧低下や嘔吐などで最悪の場合には心肺停止になってしまう場合もあるのです。


アナフィラキーショックになる可能性は病院でアレルギーがあるかどうかを検査できるので、


一度、病院で検査をしてどんなアレルギーがあるのかを知っておくことも大切です。


image

関連記事

記事はありませんでした

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

 
follow us in feedly
  • はじめまして。当ブログ管理人のtakuyaと申します。色々な場所に行くことが大好きな33歳です。

    詳しいプロフィール

PAGE TOP ↑