*

傷口を早めに治す方法とは? 以前までの考えとは違ってきている⁈

公開日: :

傷口を早めに治す方法なんてあるの?と思ってしまいますが傷口を早めに治す方法はあったのです。


傷口を早めに治す方法とは?

image
以前までは傷ができたら水で汚れを洗い流して消毒して乾燥させることが傷の治りが早いと言われていましたが、

最近では傷ができたら水で汚れを洗い流してから消毒をしないで乾燥させないようにする湿潤療法 の方が傷口の治りが早いと言われています。

なぜ、傷ができたら消毒しないで乾燥させない方が治りが早いのかというと、

傷口を消毒することによってばい菌を退治してくれるのですが、
image
消毒液はばい菌だけではなく傷口の細胞までを傷つけてしまうと言われていて、傷口に消毒液をかけて痛いと感じるのは細胞を傷つけている証拠なんだそうです。

さらに傷口は乾燥しているよりも体液で潤った状態の方が皮膚の再生力が強いと言われています。

なので、傷ができてしまって早く治したい場合には水で傷口を洗い流した後は消毒液をかけずに乾燥させないことが大切なのです。

でも、傷口を水で洗い流した後に消毒液をかけないことはわかるけど乾燥させないためにはどうすれば良いの?と思いますが、

傷口を乾燥させないで体液で傷口を潤った状態にする湿潤療法が簡単にできる絆創膏が薬局なので売られているので傷口を早く治したい人にはおすすめな絆創膏です。
image

傷に関しての豆知識!

image
傷にハエの幼虫であるウジを使った治療法もあるらしいのです。

傷といっても壊死してしまった組織の箇所に無菌化したウジを使用した治療でマゴットセラピーと言われてる治療法です。

なぜ、ウジを使って治療ができるのかと言うとウジは健常な組織は食べないのですが壊死した組織のみを餌として除去してくれるので注目されている治療法なのです。

関連記事

記事はありませんでした

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

 
follow us in feedly
  • はじめまして。当ブログ管理人のtakuyaと申します。色々な場所に行くことが大好きな33歳です。

    詳しいプロフィール

PAGE TOP ↑