*

アメフトとラグビーの違いとは? 似ているのはボールの形だけ⁉︎

公開日: : 違い

最近はラグビーの日本代表選手の活躍でラグビーをテレビで見る機会が多くなりました。


ラグビーをテレビで見る機会が多くなったのですが、アメフトとラグビーの違いを言える人は少ないんじゃないでしょうか。

私もアメフトとラグビーの違いがわからなかったのですが、学生時代にラグビーをやっていた人にアメフトとラグビーの違いを聞いて少しは詳しくなったので紹介したいと思います。

アメフトとラグビーの違いとは?

image

発祥地

アメフトはアメリカ発祥のスポーツで
ラグビーはイギリス発祥のスポーツです。

ボールの形

image
アメフトとラグビーのボールは楕円の形をしていて似ていますがアメフトのボールよりラグビーのボールの方がやや太くラグビーのボールの方が重いです。

装備

image
アメフトは防具やヘルメットを付けてないと試合は出場できません。

ラグビーはヘッドギアとショルダーガードをユニホームの下に身に付けるぐらいで体の外側に防具を身につけると試合に出場できません。

さらに、ラグビーでは高校生まではヘッドキャプの着用が義務づけられています。



人数と時間の違い!



image
ラグビーでのプレー人数は15人対15人で試合を行って、試合時間は前半40分と後半40分ずつです。


アメフトでは11人対11人で試合を行って、試合時間は15分が4回で60分です。


ルールの違い!

アメフトとラグビーのルールの違いはたくさんあるので代表的な違いだとアメフトは前に一度だけボールを投げることができますが、ラグビーは前にボールを投げることができません。

それと、アメフトではボールをもっていない選手を妨害することができるのですが、ラグビーではボールを持っていない選手を妨害することができません。

その他にもアメフトでは4度の攻撃で10yard以上前に進めなければ攻撃が相手チームになるのですが、ラグビーでは攻撃回数に制限はありません。

それと、ラグビーのルールをわかりやすく解説している動画があったので紹介します。




関連記事

記事はありませんでした

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

 
follow us in feedly
  • はじめまして。当ブログ管理人のtakuyaと申します。色々な場所に行くことが大好きな33歳です。

    詳しいプロフィール

PAGE TOP ↑