*

年賀状の返事はいつまでに出せばいいの??

公開日: : 最終更新日:2016/04/26 年賀状

毎年お正月と共にやってくる年賀状。

少しめんどくさいけれど、社会人として礼儀はしっかりしたいですよね。

「上司にもちゃんと年賀状を書いたし、これでお正月休みもゆっくりできるな~。」
と思っていたら・・・。3日、4日あたりで思わぬ人から年賀状が!!!

image


仕事関係の人から届いたのであれば、「あれ?これっていつまでに届けば失礼ないんだろ?」
「そのためにはいつまでに投函したらいいんだ?」「返事が遅くなってしまったけど、こんな時はどうしたらいいんだろ・・・。」と色々考えてしまいますよね。

そこで今回は、

・年賀状の返事はいつまでにしたらいいの か?
・ 年賀状の返事が遅くなった場合には?
・年賀状の返事をする時のマナーは?




この3つについてまとめます。

この3つの点を理解しておくことで、出すのがもし遅れたとしても必要以上に焦らずにすみます。(遅れないにこしたことはありませんが・・・)


年賀状の返事はいつまでに出したらいいのか??

image


「年賀状の返事はいつまでに相手に届けばいいのか?」
そしてそのためには、「いつまでに投函すればいいのか?」

答えから言うと・・・。


「1月7日までに相手に届くようにする」


これが答えです。

お正月は一般的には「松の内」までと言われています。


この「松の内」までは松飾りを飾り神を待つ期間と言われており、関東では1月7日まで、関西では1月15日までと地域によって違いがあるみたいですが、
短い方の「1月7日」までと考えておけば間違いありません。

では、「1月7日」までに間に合わせるためにはいつまでに投函すればよいのか??


その答えは、県内にだすのであれば「1月5日」までに。
県外であれば、「1月2日」までにです。



年賀状は前日に受け取ったものを翌日に配送するので、県内でも当日に届くことはなく
「2日間」はかかります。
県外の方へ出す場合であれば、余裕をもって「5日間」ほどかかると考えておいたほうがよさそうですね。


では「1月7日」までに間にあわなそうな時にはどうすればよいのでしょうか??



年賀状の返事が遅くなった場合には?

image


「1月7日」までに間に合わなそうな場合には年賀状ではなく「寒中見舞い」に切り替えるのが無難です。「寒中見舞い」とは?Wikipediaによると、


寒中見舞い(かんちゅうみまい)は、日本の慣習の一つで、二十四節気の小寒(1月5日頃)から立春(2月4日頃)までの寒中に行う見舞いである。 現在では、豪雪地帯・寒冷地での相手を気遣う手紙等を指す。 また年賀状の返答や喪中のため年賀状が出せない場合の代用にも使う。(引用:Wikipediaより)


とあります。

年賀状の返事が遅れてしまい、年賀状の代わりに「寒中見舞い」を使う時には、普通の寒中見舞いのあいさつに付け加えて、

・年賀状をもらったお礼
・ 返事が遅くなってしまったことのお詫びの一言を付け加えましょう。




「寒中見舞い」を送りなれていない場合には、「寒中見舞い テンプレート」で簡単に調べることができます。

「寒中見舞い」を送る上でやってはいけないことが1つあります。

それは、「年賀状」を「寒中見舞い」に使うこと。
「年賀状」が余っていたとしても、失礼な行為ですので絶対にやめておきましょう。



年賀状の返事をする時のマナーは?

image

もし、年賀状の返事が1月7日までに間にあうのであれば年賀状で出します。
その際ですが、「挨拶が遅れて失礼しました。~」などと「寒中見舞い」の時と同じように
一言、「あいさつが遅れてしまったお詫び」や「年賀状をもらったお礼」を付け加えましょう。

例え返事が遅れてしまってもこの一言があるのとないのとでは、大きな違いです。
簡単な一言が相手の印象に大きな違いをあたえますよ。

今回の内容のポイントは4点。

・年賀状は「1月7日」にまでに届くようにする
・1月7日に届くようにするためには、県内の人なら「1月5日」までに、県外の人であれば「1月2日」にまでに投函する
・1月2日、もしくは5日までに投函できない時には、「寒中見舞い」を送る
・寒中見舞いにしても遅れて年賀状を出す場合にしても、お詫びやお礼の一言を付け加えて送る




以上の4点になります。

年賀状について悩んでいるあなた、是非参考にして下さい。

関連記事

記事はありませんでした

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

 
follow us in feedly
  • はじめまして。当ブログ管理人のtakuyaと申します。色々な場所に行くことが大好きな33歳です。

    詳しいプロフィール

PAGE TOP ↑