*

節分の日に食べる料理とは?

公開日: : 最終更新日:2016/05/29 節分の日

節分の日に豆を食べるのはわかりますがその他の食べる料理とは?

節分の日には元々イワシを焼いて食べていた風習があったのですが最近では巻き寿司を恵方巻と称して食べたり大豆の豆を歳の数だけ食べるという風習になっています。


image


でもそもそも何故節分の日にイワシを焼いて食べていたのかというと節分の日にイワシを焼いて食べると大量の煙が出るのでその煙で鬼(邪気)や病気や害虫が寄ってこないようになるので節分の日にイワシを焼いて食べる風習になったと言われています。

恵方巻を食べる!

image

最近では当たり前になった節分の日に食べる恵方巻は何故節分の日に食べるかというと恵方巻は節分の日に食べると縁起が良いとされる太巻きで販売促進活動の後に節分に恵方巻を食べる習慣が急速に全国に広まったとされています。

大豆の豆を食べる!


image

それと節分の日に大豆の豆を撒いたり食べたり豆を歳の数だけ食べるようになったのは節分の豆は福豆とも言われていて年齢の数だけ豆を食べるのは年齢に応じた福を体内に入れる為だそうです、

さらに豆を撒いたりするのは邪気を払うことができると言われているからです。

ちょっとした節分の日の豆知識!

image


節分の日に撒いたり食べたりする豆は大豆の豆ですが何故大豆の豆かというと大豆の豆は炒めるとパチパチという音が鳴ります。


そしてその音が鬼(邪気)を寄せ付けないとされているので節分の日には大豆の豆を使われているそうです。

関連記事

記事はありませんでした

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

 
follow us in feedly
  • はじめまして。当ブログ管理人のtakuyaと申します。色々な場所に行くことが大好きな33歳です。

    詳しいプロフィール

PAGE TOP ↑