*

2分の1成人式はどんなことをするの?

公開日: : 成人式

2分の1成人式とは?

image
2分の1成人式は、成人の2分の1の年齢である10歳(プレティーン)を迎えたことを記念して行われる日本の行事・儀式です。

二分の一成人式、1/2成人式とも表記し、十歳式、ハーフ成人式、半成人式とも呼ばれています。

これらは学校や地域で行われています。

学校で行われる際には、小学校の4年生を対象に行われており、1・2月に開催されることが多いようです。


自治体ぐるみで式を積極的に推奨しているところも多くあります。


保護者のブログには「会場全体が感動の涙に包まれた」という書き込みもあり、全国的に2分の1成人式の評判は良いようです。

しかし、問題も含んでいます。

2分の1成人式で行われる内容とは?

image
行われる内容は学校により多少の違いはありますが、どのような内容かと言うと、


・子供たち一人ひとりのスピーチで将来の夢を語る。(就きたい職業など)

・合唱を披露する 。

・2分の1成人証書をもらいます 。

・小学校での過去の写真などの放映をする。

・子供から親に感謝の手紙をわたす。親からも子供に渡す。

・自分の生い立ちを写真や動画などで振り返る。




他に成長記録、アルバム、未来日記などを作ったり、プレゼントを用意したりと、各学校で式典を盛り上げる構成を考えています。


しかし、二分の一成人式は保護者の9割が満足しているというこの行事にも問題があると思います。

まず、各家庭の事情はすべて違うということを考えなければいけません。

一斉に子供たちが親に対して感謝を述べるとき、すべての子供が、親を尊敬しているとは限らないのです。

それは現代、クローズアップされている虐待の問題です。

虐待を受けている子供が学校の指導で他の生徒と同じように両親に対して感謝の言葉を述べるのです。

この子供の心境はいかがなものでしょうか。

すべての子供は親に対し感謝の気持ちをもちなさいと言われているようなものです。

これらは大人になったら子供から感謝される大人になりなさいという教えでしょうか。

学校で親は子供に尽くすのは当たりまえ、子供は親に感謝して当たり前と教えられているとき、虐待を受けている子供の心はどう動いているのでしょうか。

この行事では子供からの手紙は定番です。

どの子も親への感謝の気持ちを手紙に書きます。

虐待を受けている子も「お父さん、お母さん、ありがとう」と書くのです。

虐待を受けている子供は学校では明るく振舞い、そのこと自体を他人に気づかれないようにしようと務めているのはよく知られています。

2分の1成人式は親へ感謝の気持ちを伝えることができる素晴らしい行事なのですが、苦痛を感じている子供たちのことも考えなければならないのです。

関連記事

image

成人式は行かないとダメなの?

そもそも成人式ではなにが行われていてどういう式なのかを簡単に説明したいと思います、 成人式

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

 
follow us in feedly
  • はじめまして。当ブログ管理人のtakuyaと申します。色々な場所に行くことが大好きな33歳です。

    詳しいプロフィール

PAGE TOP ↑