*

お年玉をあげたくない場合はどうすればいいの?

公開日: : お年玉

お年玉は、もともとはお餅だったのは知っていましたか?

なぜお餅なの?と思ってしまいますが、お正月に家長がお餅を家族に与えたことが由来しています。

そもそもお正月行事は新年の神様である「年神様」を家に迎える行事です。

年神様は新年になると、私たちに魂を分けてくださり、幸せや恵みを与えてくださると考えられ、鏡餅は天照大神がもっている鏡にたとえられました。

この鏡餅こそが年神様であり、 年神様の「御魂」(みたま)が宿るというわけです。


その魂が宿る鏡餅を、家長が家族に与えるのです。

家族は鏡餅をお雑煮にして食べます。この行為により魂は体に取り入られ、この年の無病息災が保証されるという訳です。

つまり、新年に分け与えられた鏡餅がお年玉のルーツということです。また、年の賜物(たまもの)であるため、「としだま」という説もあります。


お年玉をあげる範囲は?

image
それでは、お年玉は何歳から何歳まであげればいいのでしょうか。

結論からいえば、お年玉をあげる年齢に正式な決まりはありません。

地域、家族、あるいは親族によっても異なるようです。


何歳からあげるのが良いのかを考えた場合、お金に興味を抱く3歳くらいからが一般的だと言われています。

現金を渡すのはお金の意味が分かってくる幼稚園くらいからということでしょうか。

家族や親戚で相談して、決めておくのも良いかもしれません。


赤ちゃんへのお年玉は赤ちゃんへというより、親御さんに気を使っていると思われるので、家庭により違いが出るのは当然です。


お年玉は何歳まであげるのが一般的なのでしょう。

社会人になるまで、あるいは成人になるまで、大きく分けてこの2つのパターンが多いようです。


親同士や親族同士で、いつまでお年玉を渡すのかを決めておくのが最善の方法です。

事前に決めておく事が揉めることもなく安心です。

子供が小・中学生になる年頃は兄弟ともらったお年玉を比べてケンカになってしまうこともあります。

この対策として、事前に親同士や親族同士でお年玉をどのくらい話し合って決めておくことをおすすめします。



お年玉をあげたくない時はどうすればいいのか?

image

「お年玉をあげたくなくなる」これにはいろいろな事情があるものと思われます。

一例としては、「姪っ子にお年玉を5,000円上げたのに、彼女の母親(義姉)は知らぬ顔を決め込んで、私の子供にはくれなかった」もう来年からはあげたくない、などが挙げられます。




このように、お年玉のことで気分を害される方もたくさんいます。


数十年前の我が家のことで申し訳ないのですが、私の妻は3人姉妹の末っ子です。

妻の姉たちにはそれぞれ2人の子供がいました。

私のところは1人です。お年玉が同一金額でも我が家は倍の出費になります。

それでも、子供たちの喜ぶ顔のためにお年玉を渡しあうことにしたのです。       

子供たちはお金の入った袋を見て大喜びです。

ところが、妻たちはお互いもらった金額を返金清算し、結局は1円ももらったり、あげたりしなかったのです。

子供たちが一旦もらったお金を親に管理してもらったか、そのまま子供のお小遣いになったかは分かりませんが、各家庭のお年玉という負担はなくなりました。

お年玉をあげたくなくなったときは、それ相当の対応を考えるのも必要かと思ってしまいました。

関連記事

image

孫のお年玉はいくらあげればいいの?

年に一度やってくる季節、お正月。 中々会えないお孫さんに会えるのはとても楽しみですよね。 た

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

 
follow us in feedly
  • はじめまして。当ブログ管理人のtakuyaと申します。色々な場所に行くことが大好きな33歳です。

    詳しいプロフィール

PAGE TOP ↑