*

入学祝のお返しは必要なの?お返しは地域によって違うの?

公開日: : 最終更新日:2016/05/28 入学式

もうすぐ入学式を迎える日がやってきます。お祖父ちゃんから「入学祝いにランドセルを買ってあげよう。机を買ってあげよう」 といわれることもあるでしょう。

あるいは高校への入学式ともなると、腕時計を買ってあげようとかになります。


入学祝いを貰った場合のお返しとは?

image
入学祝いをもらったのは子供です。子供に経済力はありませんから、お返しをしなくてもマナー違反にはなりません。


しかしながら、もらいっぱなしで無視するわけにもいきません。

後々のお付き合いを考えれば、お返しをしておくことも必要です。

じゃあ、どのくらいの金額のものをお返しすればよいかというと、 もらった金額の三分の一から半額くらいと考えられています。


もらった金額と同額くらいのものをお返しすると、不要な祝いを受け取ったと嫌味にとられ、マナー違反になります。


熨斗をつける場合は「内祝い」「入学内祝い」「御礼」などとし、下の名前は子供の名前にします。

熨斗はつけなくてもかまいません。もともと内祝いとは内々のお祝いです。

家に親しい人を招いて子供の成長をお披露目することです。

しかし、現在ではもらった入学祝のお返しに変わってきました。

家族構成なども影響して、本来の内祝いをする家庭は少なくなってきました。



お返しにはどんなもが使われているのかと調べてみますと、後に残らないもの、つまり消費してしまうものがよく選ばれています。


日持ちのするお菓子が圧倒的に多いと思われます。

1万円のお祝いをもらえば、3千円くらいのクッキーなどをお返しに使います。

その他にお茶、コーヒー、昆布なども使われています。

お返しに使ってはいけないものがあって、「お金、肌着、腰から下に身に着けるもの」などでのこれらはマナー違反と言われています。
 

また、お祝いの品が届いたら3日以内には電話で受け取ったことを知らせ、お礼をします。


その時に子供にもお礼を言ってもらうのも上手な方法です。

大人たちだけでなく、子供も一緒に参加させることがお礼をしてもらった人は嫌な気持ちにはならないはずです。

感謝の気持ちを表す習慣が子供の身についてきますので一石二鳥です。


SPONSORED LINK




その他には手紙や葉書を利用するのも効果的です。

小学校に上がる前から、ひらがなの書ける子は「ありがとう」の一言でもいいから書き添えるようにさせましょう。


入学祝いのお礼の例文を書いてみます。

拝復このたびは娘春子の就学に対しまして結構なお祝いの品をお贈りいただきまして厚くお礼申し上げます。

月日の経つのは早いもで、ついこの間までよちよち歩きをしていたと思っておりましたのに、早くも就学の年齢を迎えまして驚いている次第です。

お祝いのランドセルを今から背負って歩いたり、寝るときには枕元に置いて休むほどの喜びようです。

おかげさまで就学用品も整いまして、あとは入学式当日を待つばかりとなりました。

式当日には記念写真などを撮りましてお送りしたいと存じます。





お返しは地域によっても違うの?

親戚どうしではお返しをしないというルールが決められているところもあります。

また地域によっては、町内会などで、入学祝のお返しは半額程度と決めているところもあります。

このような取り決めがあるのに、気持ち程度のお返しをすると町内会の取り決めを無視していると言われたり、あの家はケチだなどと言われてしまいます。

image

基本的には入学祝のお返しは必要のないことですが、色々な経緯から地域で決めたりしているところもあります。

町内の人からお祝いをもらったら町内会長さんなどに相談してみるのもよいでしょう。

近所付き合いは長く続きます。最もよい措置を取っていくのに越したことはありません。

関連記事

記事はありませんでした

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

 
follow us in feedly
  • はじめまして。当ブログ管理人のtakuyaと申します。色々な場所に行くことが大好きな33歳です。

    詳しいプロフィール

PAGE TOP ↑