*

東京マラソン2017年の参加費と賞金とは?

公開日: : 最終更新日:2017/02/22 東京マラソン

東京マラソンは、第1回大会が2007年に東京都で開催されました。

正式名称には末尾に開催年が付けられていて、第1回大会は「東京マラソン2007」でした。

毎年2月(2009大会は3月開催)に開催されています。

さらに、2013年大会からワールドマラソンメジャーズに加入し、世界からも注目されるマラソン大会のひとつとなりました。


東京マラソンの名称は、日本陸上競技連盟によって商標登録(登録商標日本第4952187号)されています。


東京マラソンの参加費とは?

image
参加費の前に参加資格をみてみましょう!

以下の参加資格内容は「東京マラソン2016」のものです。


エリート(マラソン・第31回オリンピック競技大会(2016/リオデジャネイロ)男子マラソン代表選手選考競技会) 大会当日満19歳以上の日本陸上競技連盟登記・登録競技者で、申込期日までに日本陸上競技連盟の公認競技会で次の記録を出した男女競技者です。


最大で男女合わせて100人。 男子 – マラソン2時間21分、ハーフマラソン1時間01分00秒、10km(ロード)28分00秒以内
女子 – マラソン2時間52分、ハーフマラソン1時間11分00秒、10km(ロード)32分00秒以内
日本陸上競技連盟が推薦・招待する国内外の男女競技者です。

一般参加の部

一般参加の人は19歳以上の人で、6時間40分以内に完走できる者。

一般参加の部(チャリティランナー)

一般参加の部の参加資格を有し、指定の条件で東京マラソン財団に寄付を行った希望者で先着3000人です。

一般参加の部(プレミアムメンバー)
年会費4200円を払っている「ONE TOKYO プレミアムメンバー」は優先的に抽選を受けられて3000人です。

また、未入金者が出た場合の2次抽選も受けられます。結果として、一回のエントリーで、優先・一般・二次の3回の抽選チャンスがあります。


車いす(エリート)
日本陸上競技連盟が推薦・招待する国内外の男女競技者。
IPC公認大会で、男子1時間50分以内、女子2時間以内の記録を有する者。

車いす(一般)
2時間10分以内に完走できる者。

10kmの参加者資格
下記、男女合計500人。
ジュニア&ユース は大会当日、満16歳以上満18歳以下の人で1時間30分以内に完走できる人です。
視覚障害者
1時間30分以内に完走できる者
知的障害者
1時間30分以内に完走できる者
移植者
臓器移植者もしくは骨髄移植者で、1時間30分以内に完走できる者
車いす – 35分以内に完走できる者

参加料
マラソン :国内 10,800円、海外 12,800円
10km :国内5,600円、海外6,700円
※事務手数料、消費税込み


東京マラソンの賞金はいくらなのか?

それは、大会規約には「賞金はマラソンの競技成績により賞金を別途定める」としか書かれていません。実は副賞も用意されています。

では、1位になったらいくらの優勝賞金が貰えるのでしょうか?

そこで、過去の東京マラソン大会での賞金額を紹介したいと思います。

東京マラソンの賞金は男女ともあります。

・1位  2016年は800万円で2017年は1100万円

・2位  400万円

・3位  200万円

・4位  100万円

・5位  75万円

・6位  50万円

・7位  40万円

・8位  30万円

・9位  20万円

・10位  10万円

・タイムボーナス

・世界記録更新  3000万円

・日本記録更新  500万円
2016年の副賞はBMWでしたが2017年の副賞はまだわからないです。




世界記録を更新して、優勝すればタイムボーナス3000万円です。

上位に食い込める人は、同時にオリンピックにも参加できる可能性があります。

東京マラソンの参加者は参加賞として「記念Tシャツ」や「完走記念メダル」などがもらえます。

この参加賞と完走賞が記念になりますので、これを手に入れるために参加される方も多いと思います。

盛り上がること間違いなしの東京マラソン2017」を楽しみたいものです。

関連記事

記事はありませんでした

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

 
follow us in feedly
  • はじめまして。当ブログ管理人のtakuyaと申します。色々な場所に行くことが大好きな33歳です。

    詳しいプロフィール

PAGE TOP ↑