*

アレルギー性結膜炎とは?コンタクトをしてなるの?

公開日: : 最終更新日:2016/05/29 アレルギー性結膜炎

最近のことなのですが、眼鏡をやめてコンタクトレンズに変えたところウサギのような真っ赤な目になってしまいました。


急いで真っ赤な目をしながら病院に行って来たのですが、アレルギー性結膜炎 になっていると言われました。



こうした、目が真っ赤になってしまうアレルギー性結膜炎は何故なってしまうのか?コンタクトレンズが原因でなってしまうのか?どんな目の病気なのかを紹介したいと思います。


image


私がお世話になった病院で話しを聞いたところ、コンタクトレンズを装着してコンタクトレンズが体に合わなくてアレルギー性結膜炎になる人はほとんどいないらしいのです。


ほとんどの場合はコンタクトレンズにしてから目が結膜炎になってしまう原因は大きく分けて2つほどらしいのです。


ハウスダストや花粉などが原因!

image


主にコンタクトをしていてアレルギー性結膜炎になってしまう原因は家でのハウスダストだと言われています。


家でのハウスダストでは肉眼では見えませんが、一般家庭でのホコリ1gの中にはダニが約1000匹とカビが10万個という研究データがあります。



SPONSORED LINK





そうしたカビなどの死骸や糞やカビの胞子は非常に小さく軽いので少しの風で舞ってしまいます。


舞ってしまったそういったカビやダニなどのハウスダストが目に付着したりしてアレルギー反応が出てしまいます。


こういったダニやカビなどでアレルギー反応が出てしまう場合には家を綺麗に毎日掃除することで防ぐことが出来ます。


アレルギー性結膜炎になってしまった人はアレルギーの原因でもあるダニやカビなどのハウスダストを取り除くことが出来る掃除は毎日することをオススメします。


image



皮脂など化粧品などが原因の場合!

image


皮脂だったり化粧品などを異物だと判断してアレルギー性結膜炎になってしまう場合があります。


コンタクトレンズを清潔に使っていると思っていてもコンタクトレンズを付け替える際に皮脂などの汚れや化粧品の汚れは簡単に付いてしまいます。


そういった汚れを防ぐためにはコンタクトを洗浄などをしてキレイに保つことです。


コンタクトレンズをキレイに保つために洗浄などがあまり出来ない人や面倒くさがりの人にオススメな方法がありのです。


その方法とは1日使ったら捨ててしまうコンタクトレンズを使うことです。


1日で使い捨てのコンタクトレンズを使えば汚れがあまり付かない内に新しいコンタクトレンズを付け替えることが出来るので1日で使い切りのコンタクトレンズは私のように毎日、洗浄するのはめんどくさいし大変だぁ〜という人にはおすすめです。


image


こういったアレルギー性結膜炎になってしまった場合は色々な原因があります。


なので、病院に行って何がアレルギーの原因かを調べてもらうことがアレルギーの原因を防ぐことが早く出来るので結膜炎になってしまったら直ぐに病院に行くことが大切だと思います。

関連記事

記事はありませんでした

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

 
follow us in feedly
  • はじめまして。当ブログ管理人のtakuyaと申します。色々な場所に行くことが大好きな33歳です。

    詳しいプロフィール

PAGE TOP ↑