*

肩こりの原因が睡眠中にある場合も‼︎

公開日: : 最終更新日:2015/04/30 肩こり

「自分は姿勢が悪いから」「なで肩なので」といった肩こりの原因は良く考えられます。


元々、日本人は首が細い方なので重さのある頭を支えるのに負担がかかってしまっている傾向があります。

これらの原因にプラス、パソコンを
使う事が増えてきている人などは余計、肩こりに悩んでいるという人も多くいると思います。
ひどくなると頭痛も起きてしまうのです。
image
こうなるとパソコンによる負担なども原因で考えたくなりますが、起きているとき以外にも肩こりの原因が潜んでいる事があります。

体を休めているはずが肩こりに!?

人間の健康維持、休息の為に必要になっている睡眠、しっかりと休む事が出来ていますでしょうか。
image
いつも同じ環境で寝ているから気がつかないという人も多いのですが、ふとしたきっかけで枕を変えた事によって肩こりが楽になったという人も意外にいます。


無意識に寝ている時に枕が合わなくて僧帽筋が緊張気味に、そして血行も悪くなって肩こり気味になってしまっているという事です。

枕の適度な高さはどのぐらい?

枕の高さを今一度確認をしてみましょう。

image
壁に対して垂直方向になるように立ちます。
肩は壁につけるようにして立ってみてください。
この首も真っ直ぐで自然な状態を維持しつつ、壁と頭の位置が何センチあるかを測定します。

一人だけだと頭が動いてしまう可能性がありますので誰かに測定してもらうと良いです。


この距離が頭を適度に支える高さという事になるのです。
横を向いた時に肩も痛くなりませんし変な力もかかりにくくなります。

今使っている枕が低い場合は下にタオルなどを敷いて調整する事も可能ですね。

天然素材がおすすめ!

最近は化学繊維のもので出来た素材が増えてきていますが、天然素材のほうが通気も良いので安眠しやすくなります。

数年で買い替えもした方がよいので長年、使っていて合っていないなと感じている人はちょうど良い高さの枕と取り替えてみると良いでしょう。


肩や首の負担も減って安心しやすくなるのでオススメです。

関連記事

image

病気!?肩こりの原因となるものが潜んでいるかも!

肩こりの原因がただの肩こりじゃなかった!! 肩こりがひどくてずっと治らないという人も多

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

 
follow us in feedly
  • はじめまして。当ブログ管理人のtakuyaと申します。色々な場所に行くことが大好きな33歳です。

    詳しいプロフィール

PAGE TOP ↑