*

雪道の運転で初心者の人が注意することとは?

公開日: : 最終更新日:2016/04/14 雪道

雪道の運転をあまりしたことがない人は意外と多いと思います。

そして雪道での運転に慣れてない人はどういう運転をすればいいのがわからないと思うので、雪道での運転で注意することを紹介していきたいと思います。

まず雪道を走る時にその雪道でどのくらいのスピードでブレーキが効くのかを試して確認しておくことが大事です。

そしてその時にアクセルを強めに踏んでも空転しないかどうかも確認しておくことも大事です。

急ブレーキと急ハンドルは危険!

image

普通の道でも急ブレーキと急ハンドルは危険なのですが、


雪道での急ブレーキや急ハンドルはさらに危険で事故の元になるのでスピードを出し過ぎないで余裕をもったスピードで運転することが大事です。



雪の轍わだちができている道での走行!

image

雪の轍ができている道ではハンドルをとられてしまうことがあるのですが、

無理にハンドルを戻したりするとスリップの原因でもあるので無理にハンドルを戻したりせずに少しだけ車が行きたい方向に行かしてあげることで雪の轍でハンドルをとられてしまった時にスリップをしにくくなります。

雪の坂道での走行!


雪が積もっている時の坂道を走行する時は登り坂の車が優先で下り坂の車は譲るようにします、

何故なら雪道では下り坂はブレーキを離せば走ることができますが登り坂で止まってしまうと登れなくなってしまう可能性があるので登り坂を走っている車が優先です。


雪道でのブレーキについて!

image

雪道でのブレーキは強く踏んでしまうとスリップをしてしまう原因になるのでブレーキは強く踏まずに何回かに分けてブレーキをするポンピングブレーキをするとスリップするのを防ぐことができます。


関連記事

記事はありませんでした

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

 
follow us in feedly
  • はじめまして。当ブログ管理人のtakuyaと申します。色々な場所に行くことが大好きな33歳です。

    詳しいプロフィール

PAGE TOP ↑