*

インフルエンザで学級閉鎖する基準とは?

公開日: : 最終更新日:2015/01/26 学級閉鎖

インフルエンザで学級閉鎖する基準の人数は決まっているのか?

image
地域によって学級閉鎖の基準は違うのかが気になったので調べてみました。

まず、インフルエンザで学級閉鎖する基準は少し前までの学級閉鎖の基準では、

生徒の約20%がインフルエンザなどで欠席している場合 には教育委員会と学校長が学級閉鎖するかどうかを話しあって最終的には学校長が学級閉鎖を決定していたのですが、

最近では生徒の約10%がインフルエンザなどで欠席している場合 には学校長と学校保険医などと話しあって最終的には学校長が学級閉鎖を決定するようになりましたが、学校の設置者である市町村長が必要に応じて休業を行うことができるようになりました。

なので少し前に比べると最近ではインフルエンザなどで学級閉鎖になる学校は多いなぁ〜と感じるお父さんお母さんも多いと思います。

そして、インフルエンザの感染力が強い場合には学級閉鎖の基準が文部科学省から約何パーセントにしてくださいよとお達しがある場合もあるので学級閉鎖の基準が少し変わることがあります。
image

地域によって学級閉鎖になる基準は違う!


地域によって学級閉鎖になる基準は違います、何故なら地域によってはひとクラスの人数が30人のクラスの地域もあれば10人以下の人数しかいないクラスの地域の学校もあるので学級閉鎖の基準は全国一律にはできないのです。

学級閉鎖の際のちょっとした豆知識!


学級閉鎖で突発的な短期の休みの場合は返還されることがないのですが、長期の休みになった場合の日の給食費は学校によっても違ってくるのですが、給食費が返還されることがあります。
image
それと、学級閉鎖になった場合には生徒は家で自習で休みなのですが、ほとんど場合は学校の先生は学校に来ていて先生は休みにはなりません。


関連記事

記事はありませんでした

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

 
follow us in feedly
  • はじめまして。当ブログ管理人のtakuyaと申します。色々な場所に行くことが大好きな33歳です。

    詳しいプロフィール

PAGE TOP ↑