*

大寒の日とは?大寒の日にはなにをするの?

公開日: : 大寒の日

大寒の日とは字を見る限りでは寒い日を私はイメージしてしまいましたが、

image
実際はどんな日を大寒の日というのかが気になったので調べてみました。

簡単に言うと大寒の日は一番寒い日のことをいいますが、寒い日といっても冬の季節は寒い日はたくさんあるので大寒の日にちはいつなのか気になります。

大寒の日とは季節の節目とされていて、太陽の位置からによる一年を約365日を24等分した二十四節気のひとつで、毎年2月20日前後が大寒の日とされています。

そして一番寒い日である大寒の日を毎年教えてくれる所があります。

それは、毎年2月に次の年の大寒の日を官報という国の機関紙で教えてくれるのです。私たちの身近な物だと新聞みたいなもので大寒の日にちが何日で、さらに何時何分が大寒の日だというのを発表されます。
image
ただ、官報という国の機関紙は官公庁に行けばお金が少しかかりますが購入することができます。

官報は一部136円で定期購読の場合には1590円かかります。

その他にもインターネットで官報を購読することができ、インターネットだと官報の発行が30日以内のものだと無料なので興味がある人は一度どんなものなのか読んでみてください。

そして大寒の日とは季節の節目とされていて、太陽の位置からによる一年を約365日を24等分した二十四節気のひとつなのです。

大寒の日にすることとは?

image
大寒の日にすることで有名なのが大寒の日に産まれたニワトリの卵を食べることらしいのです。
image
なぜ大寒の日に産まれたニワトリの卵を食べるのかというと、一年で一番寒い日に産まれた卵で栄養が豊富なので大寒の日に産まれた卵を食べると一年が健康に過ごせると言われています。

さらに風水では大寒の日にニワトリの卵を食べると金運がアップすると言われています。










関連記事

記事はありませんでした

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

 
follow us in feedly
  • はじめまして。当ブログ管理人のtakuyaと申します。色々な場所に行くことが大好きな33歳です。

    詳しいプロフィール

PAGE TOP ↑