*

退職願と退職届の違いとは? どっちが正しいの?

公開日: : 退職願と退職届の違い

退職願と退職届という言葉をよく耳にしますが会社を退職しようと考えている人はどっちの書類を提出するのが正しいのでしょうか?

image
会社を退職する際に提出する退職願と退職届は一見同じようなものなのですが、

意味が多少違いますのでどのような違いがあるのかを紹介したいと思います。

退職願とは?


退職願は簡単に言うと会社へ退職してもいいですかと退職をお願いすることで、
image
退職願を出した段階では会社を退職したことにはならないのと、

退職願は会社が退職を了承するまでの間は退職願を出した後でもやっぱり会社を退職するのをやめようと思った場合には退職願いを撤回するこてができます。

さらに退職願いは退職することをお願いする文書なので会社の了承が必要で、会社が退職するのはダメですよ〜と言われたら会社を退職することができないのです。


退職届けとは?

image
退職届けは退職届を出した時点で退職が成立して、会社の了承が必要ありません。

さらに退職届けを出した際に会社から退職するのはダメだよと言われても法的には退職届を出した次の日から二週間後には退職できて会社側に退職を認めないという許可や判断をする権限はないのです。

しかし、入社した会社の就業規定に退職に関する内容では会社によっても違いますが、

ほとんどの会社は一カ月前に退職届の書類を提出してくださいねと記載されている場合が多いので、
会社の就業規定を確認して退職の際にトラブルがないように退職届を出すようにしましょう。



関連記事

記事はありませんでした

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

 
follow us in feedly
  • はじめまして。当ブログ管理人のtakuyaと申します。色々な場所に行くことが大好きな33歳です。

    詳しいプロフィール

PAGE TOP ↑